個人の組織化と参入機会
ルームシェアの間取り探しの青&緑です。
私がとっても共感した記事はともすけさんあつさんの書いた記事です。アフィリエイトをするチャンス自体が平等ではなくなる(もしくは既に平等ではない)という主旨だと思います。お二人の記事ではECサイトとの関係について詳しく考察されているので、私は少し違った切り口で書きたいと思います。

今の所、アフィリエイトという形の良い所は、個人が副業としてそこそこの成果を上げることが出来る所だと思っています。大切なのは「個人が副業として」という所です。参入のハードルが低いだけでなくて、成果に至るまでのハードルもそんなに高くないということです。

しかし、最近では「個人が副業として」成果を上げているサイトも大幅に増えているような気がしています。そうなってくると次の展開は…。そうなんです。とっても明解なお話だと思いますので、次の展開をまとめてみますね。

  (1)個人が本業として
  (2)個人が起業して
  (3)個人が集まって

(1)と(2)のような本業化や起業化の形態は既にちょくちょく見かけると思います。皆さんの中にも思いつくところはあると思います。このような形態の問題点はいわゆるトップアフィリエイターの部類に入っていないと難しいという所でしょうか。

そういう意味で私が可能性を感じているのは(3)のような個人が集まって組織化していく方向です。自分さえ良ければ良いという考え方の人には難しいと思いますが、個人同士が組織化していく方向はどんどん進んでいくと考えています。

アフィリエイト収入をどう分配するかとか、普通に考えるだけでいろいろ問題はあると思いますが、個人同士の組織化に成功してアフィリエイト収入に繋げているアフィリエイトモデルを私はまだ見たことがありませんから、第一グループがいつどのように出現するかは私にはとても興味があります(すでにあるかもですが^^;)。

ASPにしても、多人数のメンバーが登録出来るようになっていて(最初から法人化というのは現実的ではない)、報酬の平等分配とか、配分率を変えたりとか調節出来るようになっていると一気にブームになるような気がしています。

私も機会があれば、誰かと協力してアフィリエイト収益を目指すというモデルにチャレンジしてみたいな~と思っています。

が!!

アフィリエイトの今後の課題に対する私の考え方は、個人が組織化しやすいように各ASPが対応して欲しいということが言いたい訳ではなかった…。

スミマセン…。

私が言いたかったことを分かりにくく!?言うと(1)~(3)のような流れがどんどん進んでいくという現実を受け入れる必要があるということです。分かりやすく言うと、(1)~(3)のようなサイトに対抗するチャンスが新規参入組には時間が経てば経つほど少なくなっていく。ということです。

ランキングに参加してます。クリックお願いします!←記事を読んでおっ!と思った方だけが押して頂ければ良いです。たまには押してみてね(笑)。
[PR]
by kojo-project | 2005-11-10 15:51 | アフィリエイト今後の課題
<< ブログ、HTML双方の長所を活かす 淘汰されるアフィリエイト >>
トップ



当ブログが紹介されています。

ランキングに参加してます。
クリックお願いします!


サイト運営相談会議室
↑あなたのサイトの↑
相談に乗ります

サイト向上戦略会議室の共同ブログです
by kojo-project
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
メンバー
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧