忘れました
こんばんは。ひかるです。

サイト運営をやめたくなったとき……ありません。たぶんあると思うんですけど、
そういう感情を抱かなくなって久しい、というところです。

「義務」というのもしっくりきませんが、僕にとってサイト運営というものは、すでに
「毎日やるのが当たり前」の感じになっています。

デイトレードをやっているので、その結果を毎日書くということで習慣化してますし
大学も行ってないニートのようなヤツなので、アフィリエイトがないと生きていけな
いという部分も関係しているからかもしれません(笑)

そんなわけで、まったくやめたいという気持ちは起こらないのです。

が、以前、サイト運営とはちょっと違いますが、メルマガをやめた経験があります。

やめた理由は「嫌がらせ」です。
週5日、毎回株式用語を自分なりに解説し、すこし笑いも混ぜつつ発行していたの
ですが、それがかなりハードな作業でした。

ハードな作業をしているところに、発行するたびに嫌がらせがきたもんで、やってら
れねーといってやめたわけです。

もちろん、それ以上に励ましやお礼のメールもあったのですが、負のエネルギーっ
て大きいものなんですよね。アッサリ折れちゃいました。

いまでも。サイト運営をしていても、たまに嫌がらせのメールはきます。
「なんでそんなに株下手なの?」とか「おまえデイトレ向いてないよ」とか。

でもこれが不思議と、ぜんぜん苦になりません。

なぜか? それは、サイト運営によって得られるものの大きさというのを知っている
のがひとつ。

もうひとつは、先ほども言いましたが、サイト運営がほぼ生活の支柱になっていること。
というか、いまではメインサイトはほぼ僕自身になっています。読者やほかのサイト
運営者さんとのお付き合い、笑い、悲しみ…はあまりないか(笑)

これはぶっちゃけかなり危険な状態だといえますが、「生」を感じられるだけマシだと
思っています。責任もあるし、感情ものるし、触れ合いもある。

人生自体に責任感がなく、なにやってんだかわかんない人って多いと思いますが、
真剣に考えられるもの、責任を感じてできるものがあるのは良いことじゃないのか
って思うんです。

まあ、僕の場合は仕事がないからサイト運営がそうなっているわけですが。

…まとめますと。
サイト運営というのは簡単にはじめられますが、リアルで「生」を感じて生きている人は
しっかり続けるか、やめるときはスッパリ見切りが早いと思います。

「生」を感じずにだらだら時間を浪費している人は、やめるとかやめないとか悩みません。

そんなわけで、「やめたくなる」人は、その時点で生きることに責任や深みを体感している
ので、サイト運営ではなく人生ということを考えたときに、すでにある程度の単位を
得ているといえると考えます。

(ちなみに僕は、うえのどちらでもなく、「生」をサイト運営を通して得た、成長型のパターン
です)


なんか、ぜんぜん前段と関係ないまとめになってしまいました(笑)
メルマガについて語った部分が…意味ない。そしてわけがわからない。

いま頭が混乱している状態で(そんなときに投稿するなよw)、思ったことをポンポンと好き
勝手に書いているので、ところどころ文章が抜け落ちています。

そんなわけでかなりおかしな文章ですが、生の脳みそをご覧になったと思って諦めていた
だけると幸いです。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-12-01 21:56 | 運営をやめたくなったとき
<< サイト運営をやめたくなったとき? やめたくなる人の気持ちを考える >>
トップ



当ブログが紹介されています。

ランキングに参加してます。
クリックお願いします!


サイト運営相談会議室
↑あなたのサイトの↑
相談に乗ります

サイト向上戦略会議室の共同ブログです
by kojo-project
以前の記事
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
メンバー
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧