カテゴリ:集客はエンターテーメントに学べ( 15 )
エンターテイメントの本質
みなさんこんにちは。
スローライフのススメのNaomiでございます。

エンターテイメントという言葉。
普段特に意識せずに使っていますが、本当のところどういう意味なんだろうと思い、
goo辞書で調べてみました。
それによると-----------------

娯楽。(気晴らしになる)演芸。(気楽に楽しめる)小説。

ということです。

意外と地味です(笑)
その言葉から、もっと派手なものを連想していたのですが、
要するに、「楽しめること」というのがその本質なのではないかと思います。

確かに見ていて楽しいサイトには人が集まります。
ではどうすれば自分のサイトが楽しくなるのか、私なりに考えてみました。

これはサイトの種類にもよるので、一概に良いとは言い切れませんが、
私が今考えているものは、いわゆる視聴者参加型。
ラジオで言えばリクエストはがき。
テレビだと、電話相談など。

こういうのって、参加した人はもちろん、見ている方も結構楽しかったりします。
電話相談の場合、「楽しい」というのとはちょっと違うのかもしれませんが、
意外と、一般の人の声って、興味があったりするものだと思います。

インターネットって、こういう双方向通信にまさに適しています。
掲示板やブログのコメント、メールを使ったアンケートなどで、
見ている人の声を集めてコンテンツを作ったり、ランキングにしたり。

大手サイトさんなどでは、アンケートや投稿レシピなどをされているところも、結構ありますよね。
ある程度アクセスがないと難しいのかもしれませんが、私も今構想を練っているところです。
サイトの更新に煮詰まってきたら、こういうイベント的なものを企画してみるのもいいかもしれません。

人気ブログランキング

クリックjして応援してくださると、とってもうれしいです(^^)
[PR]
by kojo-project | 2005-08-09 22:57 | 集客はエンターテーメントに学べ
なんでもやっちゃう
こんにちは。大学生の株日記のあつです。

おぉ…みなさんすごいですね。
なんでこんないろんなサイト知ってるんでしょうね。

僕はあんまりネットサーフィンをしないんで、全然知らないんだな・・・
と言ってしまったおしまいなので、なんとか考えました。

いつも見ないサイトを引っ張り出してもしょうがないので、毎日見てるところ。

おなじみライブドアです。

ここから学べることはおもしろいことはなんでもやっちゃえーってところですかね。

こういうポータルサイトはYahoo!Japanをはじめとしていろいろありますが
livedoorが大きくなったのはこの1,2年。(古いlivedoorはつぶれたからねぇ)
Yahoo!Japanがもう10年ぐらいやってるのに比べればえらい違いです。
ものすんごーーーーーーーーーーーーーーーーーい出遅れです。

だからこそ、livedoorのなんとか人を呼び集めたいという姿勢がひしひしと伝わってきます。

その中でとりあえずおもしろいものはなんでもやってしまえ!ってのがありますよね。

例えば・・・

最近はじまりましたがlivedoorのトップページの右下に漫画があったり。
(別にひかるさんのんぱくったんじゃないですよ(笑))

トップページの右に怪しいものが動いていたり。

もえろーん・・・
↑本当にこんなんでキャッシングしてくれるのか!!?


他にもlivedoorを探検するといろいろでてくるかも・・・?


ポータルサイトと個人のサイトじゃ作り方とかが違ってきますが、
とにかくおもしろいものをどんどんやっちゃうという姿勢は見習いたいところです。
やってだめならまた考えればいいんだしね。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-09 01:02 | 集客はエンターテーメントに学べ
【小技】エンターテイメント
いきなりですが、お題「集客はエンターテイメントに学べ」からは少しずれます。

今回は、集客というか、リピーターを作るための【小枝】
…じゃなくて、【小技】を考えたいと思います( ̄ー ̄)ニヤリッ

こちらのサイトをご覧ください。
「有限会社アクエリアス」←クリック!

このサイトには、右側メニューの下に、4コマがあります。
この4コマは何のためにあるのか?
その下を見ると、こんなコメントがあります。

「こういうマンガが他のページにも」

これ、他のページの4コマも見たくならないでしょうか?

このサイトの4コマが面白いかどうかは別として、こういうものがあったら、
こういう楽しい仕掛けがあったら、特にそれが興味をそそるものだったら

人として他のページも見たくなると思います。
僕なんかはすべてのページを制覇したくなります。

え、見たくないですか!? 僕は見たくなるんですけど…。
なんか、見たいと思ってるのは僕だけな気がしてきました。

えーさて、話を戻しまして、こういう「ページのちょっとした仕掛け」、
これが生み出すものは意外に大きいものだと思います。

あなたは、「単純接触の原理」というものをご存知でしょうか?
(もちろんこの名前は僕が適当につけました。正式名称はわかりません。ごめんなさい)

単純接触の原理とは、「何度も接触を繰り返すことによって親しみがわく」
という単純な原理だったと思います。たしか。

つまり、ページに仕掛けをつくることによって、

「他のページにも何か楽しいことがあるんじゃないかしら!ワクワク」
→他のページも見てみる
→あなたの文章(絵)への接触回数が増える
→親しみ・信頼が生まれる

ということになるのではと考えました。

親しみ・信頼が生まれると、リピーターになってくれますし、
リピーターはアフィリエイトの成約率も高いと聞きます。

コンテンツじゃなく、仕掛けを目的にさせて意味があるのか?
と思うかもしれませんが、とにかく接触を増やすことがこの作戦では大切なのです。

もともと全くサイト内容に興味のない人は来ないでしょうから、ページを回っている間に
目に留まったタイトルが気になって、そのページをじっくり読んだりすることもあるでしょう。

また、リピーターにしてしまえば、もうこっちのものです。
言い方は悪いですが、あとはあなたの好きなように調理ができると思うのです。

たとえば、サイトの掲示板がにぎわうというようなメリットもあるでしょうし、堅いイメージの
サイトなら、それを仕掛け(絵)によって緩和するように働かせたり、仕掛けの近くに
アドセンスを配置したり…と、いろんな戦略をひろげていけると思います。

探検 : 先ほどのアクエリアスさんはどんな使い方をしているのか?
・ 「こういうマンガが他のページにも」のリンク先は?
・ 4コマの内容と連動

ただ、もちろん中身の濃さが[ 仕掛け > コンテンツ ]という面白い状態にならいように
気をつける必要はあります。そしたらもう笑うしかないですから。

仕掛けは、全く関係ないものもどうかと思うので、サイトの内容に関連したもの

・ たとえば株サイトなら格言・名言・初心者クイズ
・ トリビア的なもの・豆知識
・ 絵が描ければマンガ

などがいいと思います。ほかにも考えればたくさん出てくると思います。
コンテンツに成りきらない、ちょっとしたものが仕掛けに向いています。

また、たとえばマンガを描ける方は、本格的なものはページ丸ごとマンガに使い、
ちょっとしたものをコンテンツに織り交ぜてアクセントにするなど、工夫するといいでしょう。

前者の例 「愛豚貯金箱.net」さん
後者の例 「副収入の達人」さん


さて、ここまで偉そうにペラペラとしゃべってきましたが、
この方法で、僕はまだ効果を出せてません!(いってしまったー)

いま、いろんなサイトで色々と実験中なので、効果が出れば追記したいと思います。

それでは、親しみ・信頼を得る方法のお話の最後に、信頼を思いっきり失ったところで
筆をおかせていただこうと思います。

ひかるでした(^u^)

ランキングが上がると、メンバーがより良い記事を書く原動力になります!
クリックお願いいたしま~す!(^u^)

[PR]
by kojo-project | 2005-08-06 15:44 | 集客はエンターテーメントに学べ
エンターティメント分析
借金道のシロウです。

エンターティメントと聞いて
私が一番に思いついたのは
TBNさんです。

私はもう何年もTBNさんのリピーターです。
このサイトはネット上の膨大なニュースを独自の視点で
コメントをつけ、ほぼ毎日のペースでアップされています。

このサイトで貼られているリンクに
何度となく爆笑させられ、また感動させられてきました。

TBNさんはおもしろいって事にこだわったニュースサイトです。
知らない方もしばらく見てない方もぜひご覧になって見て下さい。

TBN

テレビのニュースって暗い話題とか
どうでもいいようなニュースばっかり流したりしません?
少なくともちょっとズレた私はそう思ってます。

でも人と話す時、誰でも知ってるようなニュースを話すより
少し人とズレてるような事知ってる人の方が面白くないですか?

ちょっと変わった話題の方が人を楽しませる、
=エンターティメントになると思うんです。

ありきたりな正論なんかより
変わっていた方がずっと面白い。

サイトとしてのTBNさんの良さって、
膨大な情報量から面白いものを選び出す管理人のセンスの良さ
と文体にあると思うのですが、

それよりも私が惹かれるのは
管理人の偏ったニュースの選び方です。
わざとマニアックな女性の服装を好んだり、
変態を演じ(失礼!)読者を楽しませています。

もはや知らない人の方が少ないと思われる
真鍋かをりさんのブログ。
私は真鍋かをりさんも”センスが変わっている”だと思ってます。
あ、もちろんいい意味で、ですよ。視点が非凡な天才という事です。
少し前にハイカラ~とコメントして
ヨン様靴下をアップしたあのセンス!!
ホントに毎回、毎回唸らされます。

数年前、超人気だったウタダヒカルのブログも
ちょっと変なセンスを持った彼女の個性が人を
楽しませ、エンターティメント性を作り出し、
爆発的な人気を誇っていた要因だと思います。

サイトにとってのエンターティメント性とは
いかに訪問者を楽しませるコンテンツを書くか
という事だと思います。

私が好きで楽しませてもらっている
これらの超大御所サイトの中にあると思うのは
少し変わった個性+変わったセンス。

芸能人見てて思うのですが、
変わった人が話す、変わった話。

そこから、織り成すエンターテイメント性が
爆発的な集客の理由だと思います。

大変ご面倒な話なのですが、ランキングをぽちっと押してやっていただけませんでしょうか?

あ、もちろん、そんなお手間がかかるものではございません。
(σ ゚ー゚)σぽちっとだけですぐ終わりです。ランキングでいい情報が出てるかもしれませんし。

( ・∀・)つ〃∩ へぇーじゃなかった(笑)ぽちっ←このように押していただけると非常に嬉しいです。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-04 01:34 | 集客はエンターテーメントに学べ
毎日気になる~!!
暑いですね~!!みなさんバテていませんか?

0円から始めよう!ゆめきらネットのきらりです。

「集客はエンターテイメントに学べ」という事ですが、ネットサーフィンは
結構好きだったりします。

エンターテイメントサイトと言って思い返して見ると、いつも単純にプッと笑える
ウェブコミックなんかを見ています。

単純に日々の記録を漫画にされている方が多いですが、日常で『あるある!』
というネタも多くて、とても身近に感じます。
なんといっても更新頻度が頻繁に行われている方が多くて、見習わないと!と
思ってしまいます。

私なんかは日々育児をしているものですから、
【4人の子供と鬼ばば母ちゃん】

【ほぼ絵日記】
なんかはそうそう!って思ってみてたりしています。

ウェブコミックの他にも気になっているといえば

【生協の白石さん】
応援ブログ【がんばれ、生協の白石さん!】

人気ブログランキングでも総合で常に上位。google検索では51600件という程
の人気ぶりです。
生協の白石さんは東京農工大学の生協職員の方なんですが、生協に置いてある
意見箱の「一言カード」の返答が迷回答というか、思わず爆笑してしまう
回答が多くて、そうきたか!と思わず膝頭をバンバンと叩いてしまいます。

改めて「集客はエンターテイメントに学べ」・・・

毎日新しい発見ですね。更新されているとやっぱり嬉しいし、気になる~っと思わず
覗いてしまったり。

私も気になる~っと思わず覗いてしまうサイトに・・・なりたいものです。

人気ブログランキングって本当に沢山登録されていますね~
応援ポチッとよろしくお願いします!

[PR]
by kojo-project | 2005-08-03 00:10 | 集客はエンターテーメントに学べ
ギャップの魅力
こんにちは。simpleで行こうのmochikoです。

自分の順番が来るまで、ものすごく考えていました。
私の考えるエンターテイメントは、楽しい気晴らしでした。

そして出た結論。
私の場合、
インターネット(サイト)にエンターテイメントは求めないということがわかりました。
べつに、そういったサイトがないというのではなく、
私はどちらかというと、情報を求める傾向が強いからです。

それでは、今回のお題に反してしまうので、
めちゃくちゃ人気が出ていて、多くの人が面白いと感じている

実録鬼嫁日記」について、私が感じていることを書きたいなあって思います。


この日記をはじめてみたのは、2月ぐらいでした。
アメブロランキング1位をとっていたので、どんなブログ?と思ってみたのがきっかけです。
そのとき、単純に、ああ面白いなあって思いました。
へえ、こんなにすごいこと言う妻っているんだなあって思ったからです。
でも、ちょっぴりかわいそうって思ったのを覚えています。

私は、いわゆるエンターテイメント系ブログの、あの独特の改行と、強弱のつけ方が
苦手なので、継続しては読まなかったのですが、
あるコメントを読んで、このブログの人気の秘密がわかったなあって思いました。

「お二人の仲のよさ、愛を感じます」

そんなコメントだったと思います。

表向きの内容は、厳しい嫁との日々が書かれている日記なわけで、
いじめ?にも似た仕打ち(言いすぎ?)が恨み言としてではなく、「そんなふうにいわなくても・・・」という視点でつづられているわけです。

このブログには、根本に、妻への愛、子供への愛があるから、多くの人の共感を呼び、
人気サイトになっているのかなあって思いました。

それともうひとつ、
世間一般的に考えられている、夫婦間の力関係の逆転が起こっているのも、
みんなが面白いと思い、ユーモアになっているひとつの要素なのかなあって思いました。
(最近は違うという考えもあるかもしれませんが、やっぱり根底にはあると思います)

これが、厳しい夫との日々をつづった妻の日記だったら、
果たして、ユーモアになっていたのかな?って思ったからです。

鬼嫁で有名な北斗夫妻もそうですよね。
あの二人にも「愛」が見えますものね~。ネタの部分もあるでしょうけどね
でも、北斗さんの愛の深さをものすごく感じてしまいますわけです。

そんなこんなで、世間の常識との食い違い、そして、そのサイトのにつづられている内容と食い違う「愛」が根底にあるからこそ、それを感じ取ることが出来るからこそ、エンターテイメントとして人をひきつけたのかなあと思っています。
(人はギャップに魅力を感じるそうですし。このサイトには2つのギャップがありますよね。)


逆を言えば、サイトにギャップを反映させることが出来たら、人気サイトになる可能性を秘めているのかも!?

ランキングに参加してますクリックお願いします!

p.s.今日この記事を書くために、実録鬼嫁日記を久しぶりに読んだのですが、独特の改行と強調方法が以前と変わっているように感じて、非常に読みやすくなっていました。
[PR]
by kojo-project | 2005-08-01 15:03 | 集客はエンターテーメントに学べ
接待という意味もある

住宅ローン返済計画!のそらたです。


今回は「集客はエンターテイメントに学べ」というお題で非常に悩みました。
私は普段あまりテレビも見ませんし、ネットをする時間も限られているため
これといっておもしろいサイトも知らないんです。



それでも、よ~く考えてみるとサイト運営を始めた頃よく読ませて頂いたサイトがあります。
それが、この会議室を運営している大元のサイト「失業40代おっさんネットで稼ぐ」です。



おっさん様のサイトには、当時の自分のサイトには無かった、人を惹きつけるコンテンツが
たくさんありました。



「今日は何か更新されているかな?」「今日はどんなネタを披露してくれてるのかな?」
と期待して毎日訪問していたのを覚えています。



早く次が読んでみたい!


そう思わせるコンテンツがたくさんある!それこそがエンターテイメントなのだと思います。



辞書によればエンターテイメントとは「楽しみ、娯楽、楽しませるもの、催し、接待」
という意味があります。



サイト運営者は最高のおもてなしでお客様(訪問者)をお迎えし、楽しんで満足した人が
我々運営者に収入という形でお礼をしてくれているんだと思います。



「集客はエンターテイメントに学べ」という部分からは少しズレてしまいましたが
私の場合、訪問者を楽しませるということが難しいようなきがしていますので
接待という考えかたのエンターテイメント性を追求していきたいと思います。



ランキングに参加しています。
[PR]
by kojo-project | 2005-07-28 15:25 | 集客はエンターテーメントに学べ
引き付けられるもの
ずぼらママの生活知恵袋のともすけです。

サイト運営でもそうなのですが、何か引き付けられる魅力がなければ
すぐにサイトを閉じられてしまうことと思います。
もし、そこに気になる存在(コンテンツ)があれば、手を止めてじっくりみてもらえると思うからです。

そのため、「 エンターテイメント = 見ていて気になるもの 」という風にとらえました。

今のともすけが気になるもの、芸能人でいうと「ボビー」。
彼の日本語の間違い能力はすばらしいもので、ついついボビーが出ていると、
チャンネルを変えず、見入ってしまいます。

サイトでいうと、「面白いサイト見つけたよ!」です。

たまに、暇ができると覗くのですが、どうしても見入ってしまいます。
姉妹サイトである「 ツイてない人の行動学 」「 彼氏彼女に言われた悲しいセリフ 」 もそうそう!と思いながらついつい長居してしまいます。

エンターテイメントとは、人を引き付ける魅力があってこそ、初めて成り立つことと思います。
最近副サイトを立ち上げ、複数サイトを運営し、初めてその大切さに気が付いた気がします。

というのも、解析で閲覧時間を見てみると、副サイトの閲覧時間が5分以内の人がほとんどいません。
これは、きっと引き付けに成功している例。
メインサイトは失敗しているいい例なのだと思います(汗)

もちろん、サイト内容云々はあるかと思いますが、「引き付け」そういうことを念頭に運営するとまた違った面が見れる事ともいます。

実際成功していないので、説得力がないですけどね(^^;)


ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-07-26 11:47 | 集客はエンターテーメントに学べ
自分が知らない世界・・・
こんにちは、みちです。

さてさて今回、「集客はエンターテーメントに学べ!」というテーマですが
私が「おもしろい!」と思うエンタメはずばり「自分が知らない世界」です。

たとえば私が大好きなテレビ「黄金伝説」。

1ヶ月1万円のアイディア満載の生活や
1週間、海苔だけを食べて過ごす生活、
自分が釣った魚だけで1週間を乗り切る生活など
たいていの人はなかなか経験できないものを
過酷な状況あり、感動あり、涙ありでレポートされると
そりゃ、惹きつけられんわけにはいかんでしょ!?(^o^)丿

そしてもうひとつ、私が大好きなエンタメとしては「怖いものみたさ」があります。
たとえばテレビで言えば「銭金(銭方金太郎)」!

私はこの番組が深夜番組のときに大好きだったのですが
いろいろな貧乏さんを訪ねていくVTRでは、
私の「怖いもの見たさ」を刺激するものがいっぱい!!

たとえば万年床のふとんをめくってみるとキノコを発見!とか
3ヶ月、ほたらかしの炊飯器を覗いてみるとミドリの物体が!!!!^m^
とか・・・・。

とにかく自分の家では見ることが出来ないものがあるのです!

ちなみにネットで私のお気に入りの「怖いもの」を見たい人はこちら!(^o^)丿

のっちの部屋

私が大好きな!?すばらしい炊飯器の中身すばらしいキッチンを見ることが出来ます!


このように!?「自分が知らない世界」はとにかく楽しいし
驚きの連続で、ワクワク、ゾクゾクがいっぱい!


サイト運営でもこのような要素を盛り込めば
絶対にヒットすること、間違いなし?!です!(^o^)丿


ちなみに?


うちのサイトはまだまだですわ・・・(^_^;)


「やってもいいな」と思うことはあるんですけどね。

たとえばうちには「ネコ」がいるから「キャットフードを美味しく1週間食べる!」を
目標にシーチキンのようにマヨネーズであえてサンドイッチにしたり
ハンバーグを作ったりしてもいいなと思うんですが
私は一人暮らしじゃないですから・・・(^_^;)

ダンナに内緒でこれを食べさすのも面白いですが
知られたら、殺されちゃいます・・・(^_^;)


ですからうちではこのような企画はムリですが
他の方法で何か・・・やっぱり「自分の知らない世界」を
面白くお伝えすることは特級のエンタメだと思っています。



今日は読んでくれてありがとう!
ランキングに参加してますのでクリックしてちょ!(^o^)丿

[PR]
by kojo-project | 2005-07-24 22:33 | 集客はエンターテーメントに学べ
面白いモノは面白い。
サイト運営を始めた頃は色々たくさんのサイトを見ていましたが、今はあまり他のサイト

さんをジックリ見る機会が少ないのでこのお題はちょっとツライです^^;

そんな中でもたまに時間があると今でも見るサイトさんが、

損切り日記です。

株式投資などされる方ならご存知の方も多いと思いますが、本当に面白いのです。

多分ですが、株式投資などやっていない人が読んでも面白いと思います。

文中の用語はわからない事もあるかもしれませんが、雰囲気は伝わるハズだと

思います。

はじめに見ようと思ったキッカケがいろんなサイトさんで

「日記が面白い!!」って紹介されてたからです。

こういう文章を書くと、人気が出るのかなぁ~と私も真似して一回だけ

チャレンジしてみたこともあったりします^^;
(人気はモチロン出ませんでしたが・・・・。)

「非常に大変だなぁ~」と思ったコトだけが記憶に残っています。

2、3のサイトさんで「面白い!」って紹介された記憶がありますが、継続は私には無理でした^^;

エンターテイメントを全面に出しすぎて人気が出てしまうとそれを維持する苦労も大変なんだろ

うな~なんていらぬ心配をしてしまう私がいたりして。

一般に人気サイトと言われるようなサイトの管理人さんは分野は違えど、非常に色々

努力されてるんだろうな・・・なんて痛感しましたw

恥をさらすつもりで一応載せておきます。

お暇なら是非読んでみて下さい^^

先物営業マン時代日記

自分の経験とか書くとリアルで、それを知らない人にとっては非常に新鮮なのかも

しれませんね。


お金の学校に行こう!のアッキィでした♪
(名前入れるの忘れてました^^;)

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-07-22 02:22 | 集客はエンターテーメントに学べ
トップ



当ブログが紹介されています。

ランキングに参加してます。
クリックお願いします!


サイト運営相談会議室
↑あなたのサイトの↑
相談に乗ります

サイト向上戦略会議室の共同ブログです
by kojo-project
以前の記事
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
メンバー
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧