カテゴリ:相互リンクを考える( 15 )
相互リンクは弱者の戦術で
おっさんです。

今回のお題は、『相互リンク』やね^^

ところで、ランチェスターの弱者の戦術って知ってまっか?
この戦略こそが、おっさんの相互リンク戦術なんです。
今回は、その手の内をご紹介しますんで、しっかり自分の
ものにしてちょうだいね!

そもそも戦略というものには、弱者の戦術と強者の戦術があり、
そこで、自分がどちらなのかを理解することが、戦術発想の基本になります。
新しくことを興す場合は、必ず弱者の戦略からはじめなければあきまへん。

サイトを立ち上げたのが最近で、それほどコンテンツも無く、それでも相互リンクを
お願いしたい場合、貴方ならどうしますか?

多分、

数打ちゃ当る(以後確率戦いう)とばかりに、やたらめったらコピペメールや掲示板にコピペ
書込みをしませんか?

はっきりいって、これはあまり意味はありません。確かにいくつかの
同レベルのサイトさんとの相互リンクは成立するでしょうが、ほとんど
意味のない「量リンク」になるのが落ちです。
なぜなら、駆け出しサイトレベルの貴方が確率戦で相互リンクを達成したとしても
大概は貴方と同レベル、もしくはそれ以下のサイトとの相互リンクしか成り立たないからです。
確率戦は強者のみが取り入れるべき戦術であり、弱者が使った所でほとんど効果がないのです。

弱者の戦術基本は、『一騎打ち』です。とにかく『狙い打ち』でなければなりません。

自分のレベル以下で日々のアクセスが50以下のサイトと相互リンクを100箇所にするよりも、
日々のアクセス数が1000以上のサイトと1つする方がより効果的やという事です。
100箇所相互リンクする手間隙を1箇所に集中したほうがええんです。

では、初心者のサイトでそれほどコンテンツも無いサイトはどうしたら、弱者の戦術で
効果的な相互リンクができるのでしょうか?
それは、貴方が相互リンクをしたいと思うサイトさんへ『熱意』を伝えるしかありません。
一度断られた、あるいは無視されただけで貴方は諦めていませんか?

このサイトさんと、どうしても相互リンクがしたい!と思うならば、何度も
自サイトのコンテンツを見直して、改善し、そのサイトさんが振り向いてくれるまで
挑戦し続ける、熱意が必要なんです。だからといって1日置きとか1週間置きとかは
あきまへんで(笑)せめて1ヶ月置きくらいのスパンが必要です。

おっさんは、初期の頃、このサイトレベルで(笑)
『熱意』を買っていただけた事が功を制し、初期の段階で認めて頂いた事が
今に繋がっていると考えています。

おっさんのTOPページをご覧頂ければお解かりだと思いますが、量目的でやった相互リンクの
ほとんどは、無くなってしまいました。一般のTOPリンクサイトはたった7箇所しか
ありません。

確かにおっさんから一方的に切らせて頂いたサイトさんもありますが、結局は続かないんですね。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-30 19:28 | 相互リンクを考える
現在私も悩んでます。。。
週末は男のこだわりカレー」の大岩大太でございます。

相互リンク

う~ん・・・今まさに私もすごく悩んでいるキーワードなのです。
なぜかといいますとこの度、新サイト「マウスコンピューターファン -はじめてのBTOパソコン-」という
サイトを立ち上げたばっかりで、まったく相互リンクを結んでいない状態なのです。

このサイトは私にとって2つめのサイトなのですが、最初の「週末は男のこだわりカレー」の
場合はまだまだネット界の常識というものを踏まえてなく、いきなりYahooの「カレー」と「レシピ」の
カテゴリのサイト様に相互リンクのお願いをして回り、それもこちらがリンクをまだ貼っていない状態で
メールをしたりしていたのです。(この時期は勝手にリンクを貼る事が失礼な事だと思っていました)

1年もサイト運営をしてきますと、大学生の株日記のあつさんが書いているような
相互リンクをお願いする時の常識もそれなりに身につき、逆に相互リンク希望の
メールも頂くようになって来ました。
そうするうちに、他の皆さんも言っている「win-win」の関係、もしくは私が「すごい!」と思った
サイト様でなければ相互リンクを交わしていませんでした。
リンク集をサイトを訪問してくれた人にとって価値のあるものにしたかったのです。

そういった考え方をしてきた自分が、駆け出しの「マウスコンピューターファン」を客観的に見たときに
現時点で相互リンクのお願いをしても相手のサイトに「win」をもたらすことができません。
しかも相互リンクで嫌われるとされているショップサイトちっくな作りにもなっています。
そんなことを考えていると相互リンクのお願いを尻込みする自分がいるのです。



う~ん。。。どうしたものか



現時点では「厳選お勧めサイト」という形で紹介したいサイト様のリンクを貼って
カレーのサイトと検索エンジンからの訪問者が増えてきたら、だめもとで相互リンクを
お願いしてみようかな・・・なんて思っています。

これが情報系のサイトだったら話は別で、コンテンツの質と量があればアクセス数が
少なくても「気に入ってくれないかな~」なんて感じで相互リンクのお願いをしやすいんですけどね。

そういう意味でカレーサイトの時はガンガン行けたのかもしれません。


ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-29 23:32 | 相互リンクを考える
出来ればお声がけ下さった皆様とリンクしたいのですが・・・
子だくさんでもかねまっくすのかぁたんです。


・・・・相互リンク・・・・・

サイトを立ち上げた頃と1年以上運営してきた今
リンクに対する考え方はものすごーく変わりました。

私がまだサイトを立ち上げたばっかりの頃
今以上にへぼへぼだった私のサイトと
気持ちよく【相互リンク】を
してくださったサイト運営者さん達、本当にうれしかったなぁ・・・

その思いがあったから
サイトを立ち上げてしばらくは
【どんなサイトさん】でもお声がけいただけたら
どんどん相互リンクをお受けしていました・・・・・が。

半年くらい運営してからでしょうか
自分のサイトの方向性や検索で来て下さる方が増えてくると
だんだん考え方が変わってきました。

【自分のサイト】に来てくれる方に【本当にお勧めできるサイト】を
紹介したい。って思うようになったんです。

【自分のためのサイト】から【来訪してくれる人に役立つサイト】にしたい。
そう思うようになってきたんです。

それまで相互リンクをしているサイトさんを定期的に訪れていましたが
■サイトの中身がまったく(よくないほうに)変わってしまったサイトさん
■消滅してしまったサイトさん
・・・ナドナド・・・・を
目視して確かめに行くのもかなり骨が折れます。
そんな時間があったら
少しでも訪れてくれた方に情報をアップしたい。

そんな思いに代わって行ったのです。

そんな経緯を経て今現在リンクは
【自分が見て役に立つサイトさん】のみを勝手にリンクする
形になっています。






ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-29 06:51 | 相互リンクを考える
相互リンクの理由
みなさまこんにちは。
スローライフのススメのNaomiでございます。

さて、今回のお題。
相互リンクについて、私が考えていることを書かせていただきます。

相互リンクをするにあたって、TOPリンクとTOP以外のリンク集への掲載を分けている方は結構多いと思います。
かくいう私もそうです。

でもこのTOPリンクの理由が、サイトを開設した当初はわからなく、
TOPリンクというものを私は設置していませんでした。

なので、全てリンク集に掲載という形にして、相互リンクの依頼をしていました。
そんな中、リンクをお願いしたサイト様が、まだまだ弱小サイトだった私のサイトを、
TOPリンクとして掲載してくださったのです。

そこからかなりたくさんのアクセスを頂くようになり、TOPにリンク貼ると、リンク集に掲載するのとは比べものにならないくらいのアクセスが流れるのだということに気がつきました。

名もない私の小さなサイトをTOPリンクしてくださったお礼に始めたのが、私のサイトのTOPリンク集です。
特に基準は設けていないのですが、基本的に私が大好きなサイト様ばかりなので、
自分のブックマーク代わりになっていたりします。

そんなTOPリンクですが、数が増えすぎるとその意味をなさなくなるので、
選ぶ時はかなり慎重を期しています。

私にとっての理想の相互リンクとは、リンクをきっかけに交流を深めたり、アクセスをお互いに流し合える関係になることです。
ちなみにSEOはあまり考慮していません。
それに第一、被リンク数があまりにも多すぎると、SEO的にもあまりよくないようです。


■人気ブログランキング

ランキングに参加しています。よかったらクリックして応援してください。
[PR]
by kojo-project | 2005-08-26 23:30 | 相互リンクを考える
うれしい相互リンク依頼
こんにちは。大学生の株日記のあつです。

ちなみにうちのサイトは、相互リンク集でのリンクはほとんど無条件に受けていて膨大なリンクの量になってます・・・。
ここまで増えるとあまり意味がないような気もするようなしないような。

そして、トップリンクだけアクセス数またはポータルサイトへの登録という条件をつけています。
トップリンクもあまりにも多すぎると、トップリンクしてる意味が薄くなりますからね。
トップリンクの意味は、googleランクなどのへの効果があるのかもしれないけども、やはり一番の意味は、相互リンクしてるサイトさんへ簡単に行ってもらえるということだと思うので。

でも、このアクセス数で決める条件がいいのかどうかは正直わかりません。
しかし、機械的な決め方の方がリンクの依頼者にとって、わかりやすくていいかなとも思ったり。
せっかく依頼のメールを出したのに、わけもわからず断られたら不快な気持ちになるでしょうから…。


では、書こうと思っていた、こんなふうに相互リンクの依頼をされたらうれしいなってのを紹介。
今までいろいろ相互リンクの依頼をメールや掲示板でもらってますが、
丁寧で好感が持てるものあれば、なんじゃこりゃってのもさまざまですよ~。

0、「リンクについて」などがあればきちんと読む。
以降の項目に関係しますが、依頼する相手は何を望んでるのかまず読みましょう。

1、指定した書式に沿っている
うちもですが、書式を指定してる場合
(例えば、1、サイト名 2、URL 3、バナーURL、4、紹介文 5、相互リンクかTOPリンクどの希望か などなど・・・)
これに沿って文章を書いてくれると相互リンクの作業がスムーズに行くので、非常に助かります。

書式が指定されてない場合でも、
必要だろうなという情報は全て書いておきましょう。
いきなりURLだけ書いていて、相互リンクお願いします!と言われても・・・
なんじゃこいつ。めんどうだなぁと思わせてしまいますよ。

2、条件など指定されてる場合は、それに当てはまるのか考えてから出す。
例えば、アクセス数の条件をつけてるのに、それを無視して無理に依頼するのはよくないです。
結局は、依頼された方はお断りするメールを出さないといけないかもしれないですし、
出した方もそれで不快な気持ちになるかもしれない。
他にも、リンクを今募集してないところのに、無理に依頼するのも同じです。

じゃあ、こんな時どうすりゃいいのか!?
2つ考えてみた。
1つとしては、そこの管理人さんと掲示板やブログなどで仲良くするといつかリンクをしてもらえるかもしれない。
もう1つは、そこのサイトへ勝手にリンクしておく。(相手がはっていいってどっかに書いてれば)
そのサイトへアクセスを送り込むうちに、こっちに気づいてくれるかもしれない・・・。
うまくいくかな・・・??

3、あらかじめリンクを依頼するサイトへのリンクをはっておく
依頼された方は、「依頼してきたのはいいもののこっちへのリンク貼ってないのかよ・・・」と思ったら、快く相互リンクする気分がなくなりますよ。
また、自分で登録をお願いしますってのも嫌だな。
こっちからそっちにリンクを貼ったうえ、またそっちのフォームで登録までせなあかんのかよ!

4、何か依頼するサイトについてコメント・感想がある
自分のサイトの感想がかかれてたら、「あぁ、ちゃんとうちのサイトを見たうえで相互リンク依頼してきてくれてるんだな」と、好感が持てます。

5、お礼の返事する
もし、依頼のメールの返事がきてリンクしてもらえたら、お礼の返事をするのがいいと思います。


こんなとこかな~。
依頼する方、依頼される方がともに快くリンクできるような、そんな依頼の仕方を心がけましょうね。


どーでもいい話ですが、うちのサイトができたばっかりの時(2004年2月)、一番最初に相互リンクの依頼をしたのが、「ど素人の株日記」さんと「金持ち兄さんへの道」さんです。
我ながらいきなりこんなでかいところによくメールを出したもんだ(笑)


アフィリエイトランキングですよ
[PR]
by kojo-project | 2005-08-26 11:44 | 相互リンクを考える
空想相互リンク読本
こんにちは! ひかるでございます。

相互リンクについて、僕はあまり深く考えたことが無いのですが、
こんかいの記事を書くにあたって目的を再確認してみました。

僕の相互リンクの目的は、以下の2つです。

・ アクセスアップ
・ SEO対策

「金にからむことだけじゃないか! おまえはサイト運営者との交流などは
まったく考えもしないのか!?」

と自問してしまいましたが、自分の好きなサイトさんはブログやサイトで
(お断りしてから)一方的に紹介すれば良いわけで、別に相互にリンクする
必要はありません。

それに、別にリンクなどはなくても、ブログへのコメントやメールで仲良くなる
こともできます。目的を交流にかぎればそれでいいと思うのです。

そうしていれば、いつの間にか自然とリンクしあってたなんてこともあるかも
しれないですし。…いや、かなり理想に近く、現実味のとぼしい話ですけど。

もっとも、この考えにいたったのはつい最近のことで、それまではほとんど
何も考えてませんでした。申し訳ありません(^^;


さて、相互リンクの目的であるアクセスアップとSEO対策ですが、
その目的のためだけに相互リンクするというのはどんなものでしょう。

「自分の利益のタメの、向こう側にいる相手をまったく無視したような相互リンク」
を申し込むのは、だれもが気が進まないことだと思います。
(あくまで目的を上記2つにしぼった場合の話です)

それって、自分にとっても相手にとっても、あまり良くないことですよね。

そこでひとつ提案があります!

【 相互リンクは、自分のサイト同士でしましょう♪ 】

これ、ど、どうでしょうか?(^^;

自分のサイト達で相互リンクしあえば

・ 相互リンク申し込みのメール
・ アドレス変更のメール
・ 別に好きでもないサイトの定期巡回
・ リンク集のお手入れ
・ 微妙な交流

といったわずらわしい作業を排除することができます。
リンクの相手は全部自分のサイトですからね♪

そしてなんといっても、メリットが大きいですね!

・ユニークあたりの効率化
・逆アクセスランキングで自分のサイトをアピール
・広告で自分のサイトをアピール(もちろん無料)
・訪問者さんの囲い込み(笑)
・自己のブランド化

「訪問者さんの囲い込み(笑)」というのは、リンク集が全部自分のサイトな
わけですから、一度とりこんだ訪問者さんはリンクをたどるかぎり、すべて
自分のサイトを見てもらえるということです。

それに、ひとつのサイトで信頼を得れば、ほかのサイトも利用してもらい易く
なるはずです(ブランド化)。

最初のサイトでいきなり「戻る」を押されてはどうしようもないですが、これも、
入り口のサイトを2、3個にしぼって、ひとまずそれに力を集中して
Yahoo!登録なり検策上位表示なりが実現できれば、質のいい訪問者さんを
集められる。よって逃げられにくい。というような対策もできます。

と、こんな風に、全部自分のサイトと相互リンクするというのはリンクファーム
さえ気をつければ、とても有利に働きますよね。

まぁ、これまた超非現実的な話で、「そんなにアッサリ言うけど、それはとても
難しいことだ。じゃぁあなたは実践してるのか? 結局机上の空論じゃないか!」
と言われれば、やっていません。ごめんなさい。
と答えるしかないのですが、実はおひとり、実践されている方を知っています。

アレをやったらこうなった。さんです。

目的の面や、全部自分のサイト同士ではないなど、実際は上記の内容と違う
こともあると思いますが、それに近い方法もつかって稼がれています。

それに、サイトをたくさん作るのはそこまで難しいことでもありません。

一度そのジャンルのサイトを作り上げてしまえば、あとはその文章を
3、4割いじって、違うサイトに仕上げてしまえばいいのです。
(これは僕が実践しています!)

そうして大量生産すれば、あなたがもし検策上位表示の技を持っていたなら
1位~10位独占なんてことも不可能ではないかもしれないのです。

(お一方、あるキーワードで1位~5位を独占されてた方を知っています)
(もっとも、そのお方はちょっとレベルの届かない人物ですが…)

というわけで、今回はすこし「空想科学読本」的な内容になってしまいましたが、
たまにはこういうのもいいかな? …い、いや、いいのか!?(滝汗)
と、自分自身にかなりとまどいつつ、筆をおかせていただこうと思います。

ありがとうございました(^u^)

儲けているサイトの秘密を探れ!人気blogランキング
[PR]
by kojo-project | 2005-08-23 17:15 | 相互リンクを考える
TOP相互リンクを安売りしないという考え方
こんにちわ、借金道のシロウです。

今回は主にサイト開設後、あまり時間が経過していない人向けに書かせていただきます。

TOP相互リンクの数を増やすタメに依頼するにも、整理するのにも手間にがかかります。
サイトの発展にとって一番はいいコンテンツを増やす事で、
相互リンクにはなるべくなら手間をかけたくないというのが私の本音です。
ですが、決して相互リンクを軽視しているワケではありません。
どうせやるんだったらTOP相互リンクを安売りしないで、一撃でいいサイトとリンクするのが理想だと思います。

TOP相互リンクは自分が好きなサイトをするようにしています。自分のサイトで今やっている、その他の相互リンク方法はリンクされた後、TOPページでリンク御礼と書いて1週間リンク、その後、リンク集の一番上でリンク、その後、なるべくリンクしてくれたサイトを全部読んで説明文を入れた紹介をする。という方法を採ってます。
相互リンクにかける時間と手間を少なくするタメに作った手順です。

少し、私のサイトの相互リンク履歴のおおまかな流れを思い出しながら、サイト開設初期の頃からのTOP相互リンクの戦略を考えてみることにします。
①サイト開設したて→自分トコの基幹コンテンツを書いて
これからアクセスをくれそうなサイトに思い切ってリンク依頼
②サイト開設三ヶ月から半年→コンテンツがよければ依頼をもらえる事があります
③ある程度のアクセスを確保できた時点で双方にとってメリットのある相互リンクになりそうなトコに依頼する(またはリンク依頼を受ける)

自分のサイトのTOP相互リンクは、メールで依頼があっても今まで断りまくってきました。
それは下手にTOPリンクしてしまうと自分の性格では、解消しにくくなってしまうからです(^^;)

人の出会いがあれば、別れがあるように、TOPリンクだって、相手のサイトとの関係性だって変わっていって、リンクを切りたくなる時だってあると思います。
TOPリンクを切るという事は、相手が本当に大事に手塩にかけてきたサイトの事を前は良かったけど、今はちょっとねと否定された、と受け取られても仕方ないという面があります。

リンク切りますよっていうメールするのも、はっきり言って見るのも送るのも嫌でしょう?
アクセスの少ない開設初期のサイト、キツイ言葉ですが、
これから伸びるのか停滞するのか、どうなるかはさっぱりわかりません。
自分のサイトと同じペースで発展していくサイトなんて少ないでしょう。
もしあなたがサイトを作りこむペースが早ければ、自然と相手と差が開いてきます。
その逆だってあるかもしれません。←あってはならない事ですが(^^;)

サイト初期の段階での相互リンクは非常に有効と言いましたが、
それはあくまで初期の話。あまりにも増やしすぎるとどうなるか?
後でもし、あなたのサイトのアクセスが増えて、いいサイトとTOPリンクしたいなって思っても
自分トコのサイトからのアクセスが少なそうであれば、
いいサイトさんはこっちのTOPリンクを受けてくれにくくなると思います。

こちらから流せるアクセス数には限りがあります。
自分のサイトのTOPアクセス数と相手サイトのTOPアクセスとのバランス、
また、自サイト内のTOPリンクの場所の価値、相手サイトのTOPリンクの場所の価値が
関係した微妙なバランスがそこにはあるからです。

他にもこっちのTOPの見た目を割いてのリンクをすることになる事も大きな事ですし、
先々にはアクセスをもらった恩、相手サイトへの感情、
もしかしたら、未来には切らなければならないかもしれない状況がくるかもしれません。
だからTOPリンクを少数にして自分のサイトはまだまだこんなもんじゃない、今売りに出すのは早い!安売りはしないって思うのもアリだと思います。現に私はそうしています。

TOP相互リンクしてもらってるサイトからいくらアクセスをもらってるか
アクセス解析で数を数えて、相手先の逆アクセスを見て、
自分が受けた恩(アクセス数)を返せたかなって自分が思えたら、
思い切って連絡して相互リンクを切る・・・。もしくは位置変更。今はこんな事考えてます。
でもこんな事できる勇気あるのかなぁ→自分 (ノ^-^;)ノそれはさておき・・・

アクセスが少なくてもTOP相互の数が少なければ相手にアクセスを流せます。これによりアクセスの多いサイトのTOPリンクとの相互に行き来するアクセスのバランスを取ることができると思うんです。

今のうちのTOP相互リンクは13サイトです。
ウチのサイトがTOPリンクを安易に受けてこなかったのはアクセスを流し合えるサイトさんとのTOP相互リンクを受けたいからです。アクセスが多い=自サイトと相性のいいサイトとも限りませんが。

これから相互リンクを依頼しようかなって考えている管理人さん、
先の事も考えてリンク依頼、(もしくはリンク受け)をするというのはいかがでしょうか?

本当によーく考えてみて、どう考えてもこのサイトにリンク依頼したいって思った時は思い切って相互リンク依頼してみるのはいいことだと思います。
こちらから一方的にリンクした場合にも時間が許せば連絡はした方がいいでしょう。

相互リンクを依頼するのはどのようにすればいいでしょうか?
ネットって見てる人は多いけど、アクセスの多いサイトってそんなにたくさんあるわけじゃないと思います。下手を打って定型文なんかでメールする管理人さんはせっかくの機会を損している気がします。
どうせリンク依頼するんだったら、自分がしてもらったら嬉しい事を相手の立場になって考えてしてみてはいかがでしょう?
以前、リンク依頼で関係を持ったサイトさんが、私のサイトを隅々まで見てくれてすごくいいアドバイスをもらったことがあるんです。
そのアドバイスがあって今のサイトがあるようなもんです。
どこが良かったか、どこで目をひき付けられたか?
こうするのはどうか?

相互リンクはいつまでも形を変えないものではありませんので、
アドバイスを相手にする事によって、自分のサイトにいい影響を与えるとは言いきれませんが、
そういう交流が自分のセンスを磨いていく事にもなると思います。

せっかくの一期一会です。
相互リンク依頼をする場合には思いっきり魂込めて文を書いてみられてはいかがでしょう?

数を少なく、依頼打つ時は一撃必中。私が必中かどうかはおいといて(笑)
長期的視野で見れば、デタラメに相互リンク依頼打つ人より絶対いいと思いますよ。

ちょっとおもしろかったかな?という方は
ランキングクリックお願いします
(⌒ ⌒)(_ _)ぺこ
[PR]
by kojo-project | 2005-08-21 03:20 | 相互リンクを考える
質を重視した相互リンク
住宅ローン返済計画!のそらたです。


今回は「相互リンクを考える」ということですが
私は住宅ローン返済計画!以外にブログも含め
7サイトほど運営しています。


相互リンクをまったくしていないサイトもありますが
その多くは相互リンクをしています。


特にサイト運営を始めた頃は、
アクセスを上げるには相互リンク!
ページランクを上げるには相互リンク!
を信じていたため、とにかく何も考えずに相互リンクの
お願いに回っていた気がします。


そんな時期もありましたが、今は考え方が変わりました。


今の私が考える相互リンクとは、
お互い(相互リンク先のサイトと訪問者と私)にとって
win-winの関係で無ければいけないと思うようになりました。


訪問者の方に見てもらいたいと思うサイトを紹介する事で
訪問者にも満足してもらえ、相互リンク先にはアクセスを誘導でき
結果、逆アクセスなどによってアクセスをもらえる。


こんな形が相互リンクの理想の形ではないかと思います。



たくさんアクセスを頂いたら、できる限りお返ししたい!
そう思うようになってから、相互リンクには気を使うようになりました。


100サイトあれば100通りの相互リンクの考え方があっていいと思います。
最後は自分が納得できる形で相互紹介できればいいんじゃないかと思います。


一方的な片思いリンクでも、質のよいアクセスを誘導できるようになれば
最終的には相互リンクしてもらえる事もあると思いますよ♪



ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-20 13:30 | 相互リンクを考える
運営する上で考えていた事
0円から始めよう!ゆめきらネットのきらりです。

今回のお題、とても考えされられるなぁ~って思います。
サイト運営をしていく上で常に考えていたことですし、どうしたらいいかな?
なんて今になっても考えています。

サイト運営をはじめた頃は数々のサイトにお願いにいったり、また
お願いされたりして、一時はコンテンツ更新をおろそかにしてまで
毎日リンクの貼り替えをしていた時期もあります。

久々に巡回してみるとTOPやリンク集から消えていた事は幾度
となく経験してきました。
悲しいなぁ~と思うんですよ。こういう時正直きついなぁと感じます。

今は実はサイト上で募集はしていないんです。
リンクの貼り替えに没頭するあまりに肝心のコンテンツをおろそかに
してしまい、悪循環が生じてしまいました。
せっかくお願いしてきてくれた人に応えたいという気持ちが、実生活
にまで影響をおよぼしてしまいました。
それで今は残念ながら、休止中なのです。
相互リンクを考えるといいながら、悩みつつ、忙しさも手伝って休止中・・

それで逆アクセスランキングを開催する事にしました。日頃リンク
を貼ってくれているサイト様にせめてものお礼という形で。
すると毎月ちょっとづつ変化が分かるようになりました。

【あれ?このサイトさんアクセスが多くなっているぞ??】

と覗かせてもらうと、ピックアップして頂いていたりするんですね。
そういうサイトさんは本当に紹介の仕方がうまいなぁと勉強させて
頂いております。感謝・感謝です。

そういう嬉しさがまたリンクしたい気持ちになるんですね。
自分も好きなサイトさんを紹介していこう!っと思うこの頃です。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-19 23:58 | 相互リンクを考える
人と人との繋がり
ずぼらママの生活知恵袋 のともすけです。

私の場合、人との繋がりを大切にしたいと思っているので、基本的には相互リンクを断ったことはありません。
立ち上げたばかりのサイトであっても、いいと思ったサイト、伸びていきそうなサイトは、
積極的にトップリンクに追加しています。

人気サイトさんになればなるほど、リンクは打ち切っていたり、リンクを受け入れてもらえなくて、
残念な気持ちになりますよね。

逆に、自分の憧れているサイトさんからリンクしてもらえると、とっても嬉しい気持ちになります。

ともすけもそういう気持ちがよく分かるので、自分は極力答えたいと思っています。


ただ、そういう気持ちで運営していると、寂しい思いをするのもまた事実です。

というのも、
「 依頼するために、形だけTOPリンク 」 → 「 TOPリンクではなく、リンク集に掲載される 」 → 
「 TOPリンクからの削除 」 → 「 リンク集へ移動 」 

つまり、TOPリンクをして欲しいがために、TOPリンクを作成し、リンク集での掲載になった途端にリンク集に移動させられるという場合が多々あるのです。

もちろん、リンクは自由ですし、TOPリンクに答えてあげれなかった部分があるのでしょうがないのですが、
そうなると、リンクってなんだろう?という衝動に駆られます。

してもらったらするもの?してくれなければやめちゃうの?って。

サイトを立ち上げた最初の頃は、ともすけもよく分からず、そういう行動を取ったこともあります。
アクセスアップについて書いてあるサイトには、必ず「相互リンクをしましょう」的なことが書いてあるので、
踊らされてしまうんでしょう。

でも、リンクされた側からすると、自分のサイトがいいと思ってリンクしてくれた訳ではないんだなぁと思い、
何だか悲しいです。


だからと言って、リンクがもらえないからリンクしないという考えは、また別です。
自分がいいと思うサイトさん、憧れのサイトさんには、相互リンクでなくても、積極的にリンクしていくべきです。

きっと、相手のサイトさんも、リンクされていることには気が付いていることと思いますから、
そこからまた輪が広がるのではと考えています。


それが、人と人との繋がりだと私は思います。



ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-08-18 13:30 | 相互リンクを考える
トップ



当ブログが紹介されています。

ランキングに参加してます。
クリックお願いします!


サイト運営相談会議室
↑あなたのサイトの↑
相談に乗ります

サイト向上戦略会議室の共同ブログです
by kojo-project
以前の記事
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
メンバー
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧