カテゴリ:運営をやめたくなったとき( 13 )
反応ですね
おっさんです。
やめたくなる時というか、1番残念な時というのは、更新したり、ブログを書いたりしても訪問者からのリアクションが全くないと、やはり辛いですね。サイト運営者はみんなそうだと思います。ただやはり、その反応は正直でその現実こそがそのサイトへの評価なんですね。

個人レベルで作るサイトですから、おのずとどこかに限界があります。
一生懸命やっているのに全く結果がついてこないことも多いです。でも、視点をかえてみたりあれやこれやと試してみて、ようやく賛辞のメールを頂いたり、一つの商品が売るのです。
アフィリエイトサイト運営って、これの繰り返しなんですよね。

人間って基本は「なまけもの」っていうか「楽したがり」なんです。

だから、進化したといっても過言じゃないです。それは、人間の歴史を紐解いてみればわかりますよね?移動手段ひとつとってみても徒歩⇒自転車⇒汽車・船⇒バイク・自動車⇒・・・・という感じで「速く楽に行ける」ように進化していっていますしアフィリエイトの世界も同じで、いかに楽に沢山のページを作って、沢山のページを上位表示させるかに皆が興味津々です。これもひとつ進化といえるでしょう。

「ついて行くか?取り残されるのか?それともわが道を行くのか?」アフィリエイト大きな分岐点に来ているのは間違いないです。ただ、やはりそういった事ばかり考えてばかりいると、やめたいとまでは思わないけれども、正直うんざりだと思うことはありますね。おっさんの理想は、藍玉さんのようなスタンスでやりたいとおっさんは思います。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-12-10 08:20 | 運営をやめたくなったとき
リアルタイムにやめたくなる理由。
お金の学校に行こう!のアッキィです。

サイト運営をやめたくなった時・・・。

リアルタイムで先週そう思っていました^^;

私はもうちょっとでサイト運営をはじめて1年半くらいになりますが、そんなことは何度もあります。

私の場合、自分の思ったとおりにいかないとすぐやめたくなります(笑)

特に顕著だったのがサイト運営を始めたばかりの頃・・ですね。

アクセスが増えない、サイト収入が思ったより入らない、訪問者の反応がない・・など

挙げたらきりがありません。
(多分、普通の人が体感することを普通に体験してます。)

・・で、少し時間がかかってやっと気づいたのですが、あまりに期待が先行しすぎたのが

原因かな・・・と思います。

で、結論が「のんびり継続することの方が大事」というコトです。


話は変わりますが、サイト運営を始めて気づいたのが、自分は文章が書くのが好きだ!という点ですね。

人に色んなことを教えたりするのは元々好きだったのですが、どうも文章で伝える機会って

あまりなくて、その難しさに面白さを見つけた・・・って感じでしょうか。

私の場合、考えてから文章を書くことは少なくて、文章を書いているうちに色んなアイデアが

出てくるタイプです。

そして、今まで気づかなかったコトに気づくのがサイトのコンテンツを作っている時・・なのです。

文章を書きながら一人で納得してたりして。ああ、こういうコトだったんだ・・と(笑)

そういった意味ではサイト運営自体自分の為になるコトなので、多分本当にやめるコトは

ないとは思っています。

また実際、自分の投資の結果や予想なども書いたりしているので適度な刺激になってる

のでは!?(良い意味での適度な緊張感)

損切りしたときもやめたくなるかもしれません。

書かなきゃ良かった・・と(笑)

私の場合、幸せなコトに人から誹謗・中傷されたり・・という経験がないので、ある意味

今までのところは順調なサイト運営が出来ているのかな!?と感じています。

で、だいたいサイト運営をやめたくなる時は、自分の側に問題があるときです。

面倒臭い時とか^^

先日、独自ドメインをとってその移行作業を先週から1週間以上しているのですが、

コンテンツを大量に作りすぎたせいで、その作業がとても面倒でしんどくて・・・。

「もうやめてやる!!」って思ってました(笑)

ただサイト運営をやめよう!ってよりは、始めから新しいサイトを作った方がいいのでは!?

って感じなのですが。。。

まあ、その作業は8割方終わりかけているのですが、何分、PCの知識がいまだ超初心者の

域を脱していないので、色々勉強になりましたけど。

これを読まれているのはほとんどがサイト運営者なのだと思いますが、やはりこのサイト向上

委員会に参加させて頂いて気づかせて貰ったコトが非常にたくさんあります。

一言で書けば、「自分は頑張っているつもりだけど、人はもっと頑張っている。」という

事実です。

ヘタすれば、「俺(私)はこんなに頑張っているのに何で!?」って思っている方、意外に多いのでは!?と思います。

ちなみに私はいつもそれでへこんでました。

こんな頑張ってるのに、何でアクセス増えない!?何故サイト収入増えない!?と。

ああ、自分はまだまだ全然ダメじゃん・・・と気づかせて貰えること、これが1番大きな励みに

なるかもしれません。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-12-10 02:34 | 運営をやめたくなったとき
義務感を持たない
週末は男のこだわりカレーの大岩でございます。

今回はサイトをやめたくなった時とのことですが
私はまだないですね~。

これから先あるんでしょうか・・・

心のどこかに仕事ではなく余暇だという気持ちがあるのかも知れません。
そんなことだから収入がいつまでたってものびないんでしょうが(泣)

私の場合、更新や新しい物を作り出すのが本当に面倒な時と
1日中、いや1週間仕事から帰宅したらパソコンにかじりついて
コンテンツを作る時があり、その差がものすごく大きいです。

かじりついている時は超ノリノリで、あれも作ろう、これも更新しようと
いろんなアイディアが、これでもかと出てくるのですが、面倒な時は
メールBOXを見ることもしないときがあります。

でも、それでいいかな・・と私は思っています。

ノッてないときのコンテンツは自分がみてもつまんないと
翌日すぐゴミ箱にポイです。

サイト運営をやめたくなる前や、嫌になる前に運営から自然と一歩
引いているのが私の対策かなと、この記事を書きながら再認識しました。

「更新しなきゃ」という気持ちでも良いコンテンツが作れる人がうらやましいです、はい。


ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-12-06 22:16 | 運営をやめたくなったとき
上を向いて
こんにちは。
子だくさんでもかねまっくすのかぁたんと申します。

むかーし、むかーし
お小遣いサイトらしきものを作っていたときのこと。

・・・・・やめちゃおうかな・・・と
正直思ったことはありました。

■更新すれどもあがらないアクセス数
■ぜんぜんアフィリエイト収入が上がらない
■ページランクもつきゃしない

って頃だったと思います。

今思うと「なんであんな効率の悪いことしてたんだろうなぁ」・・・と(苦笑)

今はね、楽しいですよ(^^)

毎日のように新しいことを覚えて

「こうしたら、どうなるんだろう」
「こんなものを作ったら、見てくれた人がどう思うだろう」

ってどきどきわくわくしながらサイト運営していますから。

思うに人は「結果」や「成果」がついてこないと
なかなか楽しむ思考になれない生き物なんだなぁ・・・と思います。

その辺の
■どうしたら自分の望むものが手に入るのか

も、いっぺん
サイト向上委員会ブログをずずっと読み返していただければ
その答えのヒントはいっぱい隠されています(^^)

月3万円の収入を得るにはとか
コンテンツのネタ探しとか・・・

お話は元に戻りますが
このやめたくなっちゃうような時期を乗り越えるには
私的思考ですが
やっぱり仲間って大切な存在です。

お互い励ましあったり、批評しあったり
そんな仲間がいたから私は乗り越えて
皆さんがおっしゃるような生活の一部と化してきたのだと思います。

同期のサイト運営者さんや
ちょっと仲良くなりたいサイト運営者さんと
交流してみてください。

自分ひとりでは解決できないようなことも
人様の知恵を借りることで簡単に解決できることもありますよ♪

そんな人脈もきっとあなたの財産になります。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-12-04 15:23 | 運営をやめたくなったとき
モチベーションの維持
みなさんこんにちは。
スローライフのススメのNaomiでございます。

さて、サイト運営をやめたくなったことですが、私はありません。
mochikoさんも記事に書かれていますが、更新するのが嫌になったことはありますが(笑

私はサイト運営を始めてもうすぐ1年です。
1年も経てば、みなさんが書かれているように、生活の一部になっちゃっています。
サイトといっしょに生きている、みたいな(笑

ただ、やっぱり落ち込むことはあります。
いろんな人気サイトを見るたびに、ついつい自分のサイトと比べてしまって、
ため息ついちゃったりしています(^^;

アフィリエイトをしているからには、やはり収入を得たいですし、
月の収入の目標なんかもあったりします。
でも凹んでいる時って、更新するのがなんだか面倒になったりするんですよね。
モチベーションを維持するのが、サイト運営を続けていく上で、一番大切なのかもしれません。

そうそう、モチベーション維持といえば、昨日この会議室のメンバーでチャットミーティングをしのですが、
これはね、かなり燃えますよ(笑
いい意味で刺激をもらいましたし、私ももっと頑張ろうと気合を入れ直してしまいました。

私はかなり田舎に住んでいて、なかなかオフ会などに参加する機会がないのですが、
チャットやメッセンジャーなどでもコミュニケーションが取れますものね♪
生活環境がさまざまなので、日程を調整するのが結構大変かもしれませんが、
もし、サイトやブログを通じて仲良くしている管理人さんがいるのであれば、
一度チャットなどしてみるのもいいかもしれません。

ちなみに私、メッセンジャーは使ったことがあるものの、チャットをするのは昨日が始めてでした。
いわゆるチャットデビューしました(笑

■人気ブログランキング

ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします♪
[PR]
by kojo-project | 2005-12-03 23:19 | 運営をやめたくなったとき
サイト運営をやめたくなったとき?
こんにちは。大学生の株日記のあつです。

サイト運営をやめたくなっときというお題ですが・・・

ないです!

以上!


・・・で終わってもおもしろくないので書きます(笑)

サイト運営をやりはじめてからもう1年と10ヶ月経ちますが、みなさんも書かれてるようにもうサイト運営が生活の一部になってしまってるという感じですかね。
一部どころじゃなくて結構な割合をしめてるかも。
やっぱHP作りと運営は楽しいもーん。いろんな人と交流できるのがうれしい。
インターネットの中に自分の城があるのがとてもうれしい。
僕は学生で一人暮らしをしてて、仕送りをもらってないので、生活費もかかっている^^;

でも、サイト運営はやめたいと思ったことはないですが、PCとインターネットがどっかいってくれ!と思うことはたまにありますねぇ。
インターネットもメールもしとうないわ。自然の中でぽけーっとさせてくれって(笑)
本当、インターネットに捕らわれてる部分があるかも・・・

そんな人も多いんじゃないですかね。
インターネットがないと生きていけない・・・
でもインターネットのせいで何か時間を無駄に使っている・・・
ってのが。

サイト運営の話からずれてますが、せっかくなので続けます(苦笑)

本当、インターネットとは上手にお付き合いしないといけないですよね。
パソコンの前に座ってれば、世界がどこまでも広がってるのがインターネット。
たぶん一生かけても全部見ることはできんでしょう。
これだけ情報があふれてるからこそ、しっかり自分にとってどれが大事なのか、どれがいらないのか見極めないといけない。

本当↑を自分に言い続けたい・・・。どーも時間を無駄に使ってしまってあきませんわ_| ̄|○

ネットばっかしやってても目も疲れますしねぇ。
本を読んだり勉強することも多い・・・。
さぁ、ネットばっかしやってないで、もっと意義のあることせんとあかんかな。
もちろんインターネットにはすばらしい意義のあるものがいっぱいですけどね。
メリハリをつけましょ。サイト運営もやる時はやる。ほっとく時はほっとく。これ大事かな?

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-12-02 19:01 | 運営をやめたくなったとき
忘れました
こんばんは。ひかるです。

サイト運営をやめたくなったとき……ありません。たぶんあると思うんですけど、
そういう感情を抱かなくなって久しい、というところです。

「義務」というのもしっくりきませんが、僕にとってサイト運営というものは、すでに
「毎日やるのが当たり前」の感じになっています。

デイトレードをやっているので、その結果を毎日書くということで習慣化してますし
大学も行ってないニートのようなヤツなので、アフィリエイトがないと生きていけな
いという部分も関係しているからかもしれません(笑)

そんなわけで、まったくやめたいという気持ちは起こらないのです。

が、以前、サイト運営とはちょっと違いますが、メルマガをやめた経験があります。

やめた理由は「嫌がらせ」です。
週5日、毎回株式用語を自分なりに解説し、すこし笑いも混ぜつつ発行していたの
ですが、それがかなりハードな作業でした。

ハードな作業をしているところに、発行するたびに嫌がらせがきたもんで、やってら
れねーといってやめたわけです。

もちろん、それ以上に励ましやお礼のメールもあったのですが、負のエネルギーっ
て大きいものなんですよね。アッサリ折れちゃいました。

いまでも。サイト運営をしていても、たまに嫌がらせのメールはきます。
「なんでそんなに株下手なの?」とか「おまえデイトレ向いてないよ」とか。

でもこれが不思議と、ぜんぜん苦になりません。

なぜか? それは、サイト運営によって得られるものの大きさというのを知っている
のがひとつ。

もうひとつは、先ほども言いましたが、サイト運営がほぼ生活の支柱になっていること。
というか、いまではメインサイトはほぼ僕自身になっています。読者やほかのサイト
運営者さんとのお付き合い、笑い、悲しみ…はあまりないか(笑)

これはぶっちゃけかなり危険な状態だといえますが、「生」を感じられるだけマシだと
思っています。責任もあるし、感情ものるし、触れ合いもある。

人生自体に責任感がなく、なにやってんだかわかんない人って多いと思いますが、
真剣に考えられるもの、責任を感じてできるものがあるのは良いことじゃないのか
って思うんです。

まあ、僕の場合は仕事がないからサイト運営がそうなっているわけですが。

…まとめますと。
サイト運営というのは簡単にはじめられますが、リアルで「生」を感じて生きている人は
しっかり続けるか、やめるときはスッパリ見切りが早いと思います。

「生」を感じずにだらだら時間を浪費している人は、やめるとかやめないとか悩みません。

そんなわけで、「やめたくなる」人は、その時点で生きることに責任や深みを体感している
ので、サイト運営ではなく人生ということを考えたときに、すでにある程度の単位を
得ているといえると考えます。

(ちなみに僕は、うえのどちらでもなく、「生」をサイト運営を通して得た、成長型のパターン
です)


なんか、ぜんぜん前段と関係ないまとめになってしまいました(笑)
メルマガについて語った部分が…意味ない。そしてわけがわからない。

いま頭が混乱している状態で(そんなときに投稿するなよw)、思ったことをポンポンと好き
勝手に書いているので、ところどころ文章が抜け落ちています。

そんなわけでかなりおかしな文章ですが、生の脳みそをご覧になったと思って諦めていた
だけると幸いです。

ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-12-01 21:56 | 運営をやめたくなったとき
やめたくなる人の気持ちを考える
借金道のシロウです。

更新を頑張っている時程、サイト運営がつらくなる時もあると思います。
ケースにもよりますが、多くの個人サイトにとって更新頻度は重要な要素です。

訪問者から見ればいつ来ても最新の記事があって
しかもそれが手のかかったクオリティの高い記事であるのが一番嬉しい事です。

しかしながら、運営者にとっては必ずしも
訪問者の喜び=運営者の喜びではありません。
(そんな神みたいな人はいないと思いますし。)

最新の記事を書くには情報収集が必要ですし、
クオリティの高い記事を書くには記事について考える時間、
打ち込む時間、人によってはノートに下書きする時間も必要になってきます。

クオリティの高い記事を更新頻度を上げて書くことは運営者にとっては
時間とエネルギーを大量に費やす事でもあります。



世の中いろんな人がいるのでサイト運営者も当然いろんな人がいます。
”運営者という人間”と”サイト”の関係もまた色んなカタチがあって
かまわないと思います。

ある人は更新に疲れたら嫌になる前にサイト運営自体を休めばいいと言い、
ある人は訪問者様々、お客さんあってのサイトだと毎日更新をしています。
ある人は自分のサイトを作る事を子供を育てるようだと言って、その過程すらも愛しながらサイトを作り、
ある人は完全にお金儲けの道具としてだけの機能を求めてサイトを作っています。
いろんな人がいる中で、きっと、サイトと運営者との関係にどれが正しいなんてそれぞれだと思いますが、自分に合っているサイトとの関係ってあると思います。

サイトと運営者の関係は運営者が選ぶ事、作り出す事ができます。


まだ、インターネットが出始めの頃だった1998年頃に読んだ本に
ある作家(←すいません、名前忘れてしまいました)がこう書いていました。
「これからはインターネットの時代だ。」
(この頃ってネットをモノ珍しく思った作家の人がいろんな事言ってて楽しいです)
「インターネット時代にはボクは3種類の立場に人は分けられるだろうと思う。
1つ目は情報を得たり利用する側の人達
2つ目はネットを使ってネットに稼がせる仕組みを作りビジネスをする人達
3つ目はネットに使われる奴隷のような人達」
・・・全部がこれに当てはまるなんてコレッぽちも思いませんが、
3つ目がすごく強烈でコレを覚えていました。
3つ目怖っですよね、ホント(笑)

主題のサイト運営やめたくなった時ある?という問いに対して答えると、
私は一度もないです。

私にとってのサイトとは運営者←→サイト←→人という風に
運営者と人をつなぐ道具です。
運営者によってサイトとの関係はそれぞれ違うので
みんながみんな共感していただけるとは思いませんが
サイトは人との関係を作り出すことのできる道具としての面もあると思います。

毎日サイトの事が頭から離れずに更新のネタを探すという行動が
ネットに使われる奴隷の人と言えるかは・・・
・・・うーん、奴隷とまでは思いませんが、
確かにちょっとネットに使われている感じはしますね。

サイト運営をやめたくなる時って
運営者が←→サイト←→人との関係の中で求められすぎたり、
求められなさすぎたり、関係がこじれてしまったりで、
とにかく疲れた時なんじゃないかと思います。

そして、サイトと自分との関係を切りたくなって閉鎖するって
パターンなんじゃないでしょうか。

ほとんどいないと思うんですけど、
もしもこれを読んでる方がこれから先、コメントとか、掲示板とかで疲れた時には

どうして自分は今のサイトとかブログ作ったのかとか
もう一度思い出してみられるといいと思います。
ダメだったらリニュして方向転換してもいいですが、
とにかく閉鎖しようか考えてる位なら、何かすべきです。
何もする気力がなければ放置でも構わないと思います。

せめて、一生懸命作ったサイトを消すな!と思います。


文中出した3種類あるって言ってた作家の人の話じゃないですけど、
自分の事を奴隷みたいに思ってサイト運営を辞めたくなる時には、
応援してくれた人とか、親しくしてくれた人の事を思い出してみられるといいと思います。

サイト運営はやりたいから始められたのでしょうし、
人と触れ合うのとか、情報を発信する事が楽しいから
自分のタメにサイト運営するんだと思います、
違う人も少なからずいるでしょうケド、少なくとも私はそう思います。

人気ブログランキング
[PR]
by kojo-project | 2005-11-30 06:38 | 運営をやめたくなったとき
サイト運営一喜一憂
0円から始めよう!ゆめきらネットのきらりです。

運営を辞めたくなったときですか。正直に言いますと私は
あります。
私のサイトでは自分の体験を基に構成している部分が
多いのですが、

『やってみたけど失敗しちゃった。』
『こんな事試しにやってみたよ。』

という事も載せたりしています。当然もっと効率のいいやり方も
あると思いますし、達人と言われるアドバイザー的な意見もある
と思います。

そのジャンルで一番を目指すというのは難しいですし、より専門的
になると私の持っている知識だけではサイト運営はより難しくなってきます。

でもそういうサイト構成にする事により、何より自分らしさを失ってしまうのが、
一番辛く感じます。

その中で体験談として投稿した記事を一言でバッサリ非難されたりという事も
ありましたし、全く関係ないコメントがつく事はザラです。

そんな時ふと、『はぁ~辞めようかな・・・』と頭をよぎる事もあります。

でも!でもですよ!

それ以上に喜びも沢山あります。収入もそうですし、サイト運営していないと
巡りあえないようなチャンスがあります。

どんなチャンスかは運営してみないと分かりませんし、もしかしたら普通に
生活していれば巡りあえないような事が起こるかもしれません。

と大袈裟ですが、チャンスを生かすも殺すも自分次第。

サイト運営が自分のライフワークになりつつある現在、一日一日を大切にして
より一層ステップアップ出来るように努めたいと思っています。


ランキングに参加してますクリックお願いします!
[PR]
by kojo-project | 2005-11-27 23:12 | 運営をやめたくなったとき
やめたくない理由
みなんさん、こんにちは~♪
simpleで行こう のmochikoです。

今回のお題は、運営をやめたくなったときです。

私の場合は、実はありません。

運営をやめたくなったときはありませんが、更新するのが嫌になったときはあります(笑)。

でも、私にとってサイトは、生活の一部になっていて、ないと生きていけない(おおげさ?)ぐらい、大切なものなので、がんばりますし、今後もサイト運営を辞めたくなるいうことはないと思います。


私の場合、サイトのネタが、家事なので、家事をすること自体がコンテンツになるのです。
家事大っ嫌いな私にとって、これはとてもありがたいことです。

それは、やらなければならないけど、やりたくない家事をする動機づけになるからです。
そして、新しいコンテンツが増えていくたびに、アクセス数もちょっとづつ増えてくるし、
コメントもいただけるようになって、さらに家事に対するモチベーションが高まり、生活の張りができて、とても楽しい。


しかも嫌なことがあっても、それすらサイトのネタになるわ~なんて思えるので、
すごいプラス思考にもなれます。

つまり、私の場合、サイト運営の動機が、なりたい自分を目指すということです。

なので、「サイト運営を辞めること」=「なりたい自分になれないこと」
になるので、辞めたいと思わないんです。

最後に、アフィリエイトの存在があります。
なんだかんだいっても、収入になるかもしれない・・・という淡い期待は、サイト運営を辞めたいと思わない理由のひとつです。

ポイントは、この淡い期待というところです(笑)。
このおかげで、めちゃくちゃ少ないアクセスであっても、相互リンク断られたりしても、何とか継続することができたんですからね~。
無職な私にとって、収入を得ることができるかもしれない・・・というアフィリエイトの存在はでかい!です。

なりたい自分になるという理由だけだったり、また、収入があるかもという期待だけだったとしたら、きっとサイト運営は辞めていたでしょう。
(実際に、大昔につくっていた完全なる趣味サイトは、自分すらURLを忘れる状態に・・・)

なかなか夢に近づかないときは、収入があるかもしれないからがんばれって自分にエールを送れるし、収入がないときは、夢に近づいているから、がんばれってこれまた自分を応援することができるのです。

というわけで、サイト運営してみたいけど、自分には、これといって特技はないし、人の役に立つ情報っていうのもないから・・・とお悩みの方は、なりたい自分を目指すというものをサイトのネタにすると、いいかも~。

同じ考えを持つ人と交流が出来るようになるし、なりたい自分にもなれるし、収入も得られるかも!?
と一石三鳥ぐらいの威力があるかもしれません。

ランキングに参加中。クリックしてくれると、モチベーションあがります!
[PR]
by kojo-project | 2005-11-25 03:58 | 運営をやめたくなったとき
トップ



当ブログが紹介されています。

ランキングに参加してます。
クリックお願いします!


サイト運営相談会議室
↑あなたのサイトの↑
相談に乗ります

サイト向上戦略会議室の共同ブログです
by kojo-project
以前の記事
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
メンバー
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧